2018年5月27日 その時

「泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。」

 それぞれには 必要な時がある
 一喜一憂することなく 時を待つ



e0083238_21085059.jpg



e0083238_21085923.jpg



e0083238_21090734.jpg


人間にとっては 季節の変わり目で
暑かったり 寒かったり
体調管理が大変ですが

自然界は 様々な命が息づく時

森の中では
シイノトモシビダケ(光るキノコ)やら
ゲンジボタルやら
ヒメボタルなど
命の継承のために生き生きと

これらの小さき生き物が 
また来年も 同じ時期に
命を輝かせて欲しいと
そんな思いで 撮らせてもらう

今年も出会えてよかった♪








by sky-blue-feel | 2018-05-27 21:22 | 生き物 | Trackback | Comments(3)

2017年5月23日 道

「わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。
 わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。」

 目の前に 開かれている道 
 行くべきか否か 自分の心に語りかけられる

 

e0083238_22412840.jpg

e0083238_22414064.jpg


熊野の森で光る
姫ボタルに会いに




by sky-blue-feel | 2017-05-23 22:45 | | Trackback | Comments(0)

2016年6月14日  実

 「枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。
 同様にあなたがたも、、」

 実を結ぶ条件は 枝に繋がっていること
 人が実を結ぶためには 何に繋がっていればいいだろう


e0083238_21512739.jpg

 「大きな命の輝き」・・姫ボタル

 

More つぶやき

by sky-blue-feel | 2016-06-14 21:51 | 生き物 | Trackback | Comments(4)

2016年5月19日  守り

「主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。」

 何処に行こうとも 何をしようとも
 確かな守りがある


e0083238_2271332.jpg

 「生きるもの」

More・・続きもみてね~

by sky-blue-feel | 2016-05-19 22:09 | 生き物 | Trackback | Comments(0)

2014年6月21日  師匠

 「弟子は師にまさるものではない。
 しかし、だれでも、十分に修行を積めば、その師のようになれる。」

 師を持つことによって 謙遜な心が養われ
 行くべき途も 示されていく


e0083238_2213016.jpg

 「恋路」・・ヒメボタル

More

by sky-blue-feel | 2014-06-21 22:06 | 生き物 | Trackback | Comments(0)

2014年6月12日  成長

 「・・あらゆる点において成長し、」

 人は 困難や苦しみの時に成長する


e0083238_2130422.jpg

              「いのちの輝き」・・ヒメボタル

More

by sky-blue-feel | 2014-06-12 21:33 | 生き物 | Trackback | Comments(0)

2014年6月8日  元気

 「ですから、皆さん、元気を出しなさい。」

 気持ちを持ち上げれば チャンスはやってくる


e0083238_062760.jpg

 「ひそやかに」・・ヒメボタル

More

by sky-blue-feel | 2014-06-08 23:57 | 生き物 | Trackback | Comments(0)

2014年5月26日  自由

 「真理はあなたたちを自由にする。」

  真理のなかには ほんとうの自由がある


e0083238_1331373.jpg

 「こっちの水は・・」

More・・

by sky-blue-feel | 2014-05-26 23:55 | 生き物 | Trackback | Comments(0)

2013年6月15日  いのちの水

「いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。」

 水は天からの恵みで 何も苦労しなくても得られる
 いのちの栄養も 資格も準備もいらない
 意志さえあれば ただで与えられる

e0083238_10343051.jpg

 「蛍坂」・・熊野の森にて

More

by sky-blue-feel | 2013-06-15 19:41 | | Trackback | Comments(4)

2013年6月5日  目

「体のともし火は目である。目が澄んでいれば、全身が明るいが、濁っていれば、全身が暗い。」

 目が光り輝く喜びを見ていると 心に喜びが溢れる
 世の煩いや 自分の内面ばかりに目を向けないで
 澄んだ目を 信仰をもって仰ぎみよう

e0083238_10434337.jpg

 

More

by sky-blue-feel | 2013-06-05 19:51 | | Trackback | Comments(2)