2013年5月24日  とき

「泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。」

 喜怒哀楽を感じる すべての時は 
 それぞれに必要で 無意味なことはない

e0083238_111667.jpg

「夏の夜の夢」・・・熊野市にて



e0083238_11161877.jpg


e0083238_11245100.jpg



儚い光が初夏の夜空に浮かんでいます

ことしも「ホタル」の季節がやってきました
ワタシにとってホタル撮影 ほんとうに難しいです

光だけではなくて 雰囲気を大切にしたいと思いますが
なかなかです

ホタルの光の中にいるといやされます
それだけでも 出かける甲斐があるというものだ

動物写真家の小原玲先生は
「写真を撮ることよりも、ホタルを好きになって欲しい。」
とおっしゃってられます

そんな思いをもちながらの撮影

チャンスがあればリベンジ~

by sky-blue-feel | 2013-05-24 19:21 | 生き物 | Trackback | Comments(9)

トラックバックURL : http://skybluena.exblog.jp/tb/20542489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by loughpaper2788h at 2013-05-25 04:49 x
ホタルが飛んでいるんですね♪ 田舎を思い出します^^
素敵な写真です。
Commented by mebaru-papa at 2013-05-25 09:12
おはようございます
蛍ですか・・・しばらく見てません
Commented by at 2013-05-25 09:51 x
loughpaper2788hさん、やはり、田舎の方にしかいないですよね。
ホタルが飛ぶ自然を守っていきたいと思います。
ありがとうございます^^
Commented by at 2013-05-25 09:52 x
papaさん、そちらの方は、もう少し先だと思いますが、
風情があってとてもいいですよね。
ことしは、ホタルを見に出かけてみてくださいね。
Commented at 2013-05-25 10:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-25 10:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Sky-dog at 2013-05-25 10:52 x
5/22のハッチョウトンボ、
初めて見ました。
宝石以上の美しさと思いました。
Commented by sky-blue-feel at 2013-05-25 12:28
鍵コメさん、お詳しいですね~、いくら新しいとは言え気をつけないといけませんね(^-^;)
早速実行します。ありがとうございます。
Commented by sky-blue-feel at 2013-05-25 12:32
sky-dogさん、雫をまとったトンボは、ホントに生きる宝石のようです。ここは山があって影になるので、日が当たるのが遅いのが残念な所です。