2012年4月15日  恐れない

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。」

 人はいつも 何かしらに恐れをいだいている
 恐れを克服できたなら ほんとうの平安が心を満たす

e0083238_23483928.jpg

「散りゆく桜・熊野市にて」



e0083238_23485057.jpg


e0083238_2349059.jpg


14日通りがけに拾った光景です

道に花びらがめっちゃたくさん落ちていたのでしばし待機
強い風が吹くと 花びらが降り注いで
それはそれは 美しい光景でした

反面 それをカメラに納めるのはかなり難し~

桜はつぼみから散り際まで すべてのシーンで十二分に堪能させてくれ
すべての人に しあわせをくれます
ああ~もう少しで終わってしまう
どうぞあと1日時間をください・・




3日間の写真展示会が終了しました
たくさんの方々がご覧くださり ほんとうにありがとうございます

2ヶ月続いたので マジしんどかった~
それでも たくさんの収穫がありました

写真は 撮ることとそしてプリントして展示し見ていただき
はじめて 一つの作品として完成するのだと 
2つの展示を通して感じた次第です
これからに生かせる経験ができました

それに 撮ることと同じくらい 選び出しプリントすることが
楽しくもあり 大切な作業だと思いました

完璧なものはいらない「何かしらココロに響く」
そんなものを撮っていきたい

次の展示会に向けて 頑張るべ(≧∀≦)ノフレ───ッ!

by sky-blue-feel | 2012-04-15 23:58 | 花(さくら) | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://skybluena.exblog.jp/tb/17783847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aomeumi at 2012-04-16 02:35
ポルトガル・青目
は・・・なんだか歌舞伎の舞台のよう・・・脇から歌右衛門登場・・・。
Commented by ron at 2012-04-16 04:02 x
桜の花吹雪、とても綺麗ですよね。
しかしカメラに収めるのは非常に難しい。判ります。
しかしとても上手く撮影されてます。流石です。

インフルエンザに感染してしまいました。
また流行り出したようです。お気を付けください。
Commented by mikumano at 2012-04-16 06:39 x
昨日は、素敵な作品を拝見させて頂き、ありがとうございました。
今回は竹田城の雲海作品が心に残りました。
写真撮影の最終過程・・・写真展に向けて、ガンバンベー
Commented by at 2012-04-16 07:09 x
ポルトガル・青目さん、歌舞伎には付きものですよね。
桜吹雪が、そして主役が登場~
どんな風にまくのか、一度見てみたいものです。
Commented by at 2012-04-16 07:11 x
ronさん、ちょうど良いようには、風は吹いてくれませんから。
しかし、そこが粘り所なんですよね。
ありがとうございます。

インフルにかかりましたか。
体がつかれているのでしょうね。
どうぞ、ゆっくり静養してくださいね。
Commented by at 2012-04-16 07:13 x
mikumano親分、わざわざ足を運んでいただき、ありがとうございます。
自然現象が一番難しいというか、チャンスがないと撮れませんね。
でも、それが一番おもしろかったりしますね。

目標があれば、まだ楽しい撮影もできるというものです。
よろしくお願いします^^
Commented by mhhana-photo at 2012-04-16 23:56
綺麗な桜吹雪ですね。風が出たらチャンスでしょうね。
すぐに走って行けるところがあるといいですね。
それにしても花びらを画像に残すのは難しそうですね。
Commented by at 2012-04-17 07:03 x
mhhana-photo さん、桜吹雪を撮るのは、非常に難しいです。
チャンスがなければ無理でしょうね。
でもことしは、ずっと桜を追っかけていたので出会えました。
Commented by sansenkiso at 2012-04-17 07:14
桜は咲く前の蕾から満開の花が散るまで人の心を惹きつけますね。

50年前に蒸気機関車に引かれて中央線車窓から眺めた
桜吹雪の光景が今も鮮明に脳裏に焼き付いています。
Commented by at 2012-04-17 20:00 x
sansenkisoさん、特にことしは、かなり桜に惹きつけられています^^

蒸気機関車に乗られたことがあるんですか。
窓から見る桜吹雪って、めちゃ風情がありますね。
それは、忘れられないでしょうね。