2011年6月12日  信じる

「もしあなたが信じるなら、、」

 信じることは 心の中で信じる決心をすること
 信じることにより 次のステップに進むことができる

e0083238_2036637.jpg

「ホタルの光跡 in 古座川」




e0083238_21214125.jpg


e0083238_20361982.jpg

「潜水橋 in 古座川」


今週は ホタル・ウイークでした

ホタルが大好きなワタシ 昨年はとなりの県まで遠征したけど
今年は 地元にこだわってます^^

先日UPした写真を見た友だち(海老蔵君)が 欲しいと言いました
3枚重ねてると説明すると 「なんや合成か」 と返ってきた

バルブ撮影 特にホタルは 目で見たようには絶対写りません
どれだけ開けるか 悩むところです

見学者がわんさか押し寄せており 車も走りまくっています
ていねいにライトでホタルを照らしてくれる人もいたりしてーー;

「合成」することに関しては かなり一般的ですが
できることなら 「ありえん!」 ような写真作りはしたくないと思います

1枚目(合成してます) 2枚目(1枚もの19秒)
風情を感じてもらえる作品になれば うれしいですが・・
どうぞ ご意見をお願いします

しかし 古座川は川幅が広くて おまけに増水してます^^;
難しいですね

昨日は ダムの放流があり 潜水橋もごらんのとおりです
あなた 危ないですよ!!

 
  ※ホタル鑑賞される方は 「光・明かり」に対する配慮をよろしくお願いします

by sky-blue-feel | 2011-06-12 21:42 | 生き物 | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://skybluena.exblog.jp/tb/14942610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 自転車乗り at 2011-06-12 22:28 x
海さん、こんばんは。
ホタル、素敵ですね^^
ふんわりとした光に吸い込まれていきそうです。
こうした風景に、人口の音はいらないですね^^
3枚目、海さんかと思いました^^;
Commented by masa at 2011-06-12 22:38 x
ありえない絵作り専門のmasaが来ましたよw 視覚を超えた表現という意味では、既に長秒露出自体、特殊な表現だと考えております。第一、ワタクシの使用するカメラはカメラだと考えておりません。銀塩では撮影不可な画像を作るフルサイズデジイチ眼という名のトイカメラ(デジタルツール)と考えております。そこで、逆にコンポジ不可を唱える方に質問したい。「デジカメで銀塩と同じ事をやる必然性はなんなのか」、と。「風景写真を撮影するのに何故APS-C、もしくはフルサイズのデジカメを選択しているのか、4X5や8X10といった大判フィルムカメラを何故使用しないのか」と。
Commented by RKROOM at 2011-06-12 23:02 x
 「写真」というもの自体が、日常の中の「非日常」を撮るツールだと考えているので、それを見た人に「夢」を見せることができればそれでいと思っていますよ。

 大体、人間の目で見たものをそのまま写真で写すなんて不可能な話ですし。

 その辺りは、「カメラ」を知ってる人なら普通に知っている知識なんですけれど、知らない人が聞いたら結構驚くようですね ^^;
Commented by ron at 2011-06-13 06:09 x
1枚目、綺麗ですね。

数枚重ねるって言うのも、全然違うものを重ねたりするのは邪道だと思いますが、同じ場所で同じ日に撮った写真ならいいのではないかと考えます。

長時間露光もそうですし、ピントリングを動かすのもそうですが、テクニックとして分類していいと思いますよ。
Commented by mikumano at 2011-06-13 06:22 x
私はそれぞれのフォトグラファーがそれぞれの価値観で楽しめばいいと思います。最初からどれが正しくてどれが正しくないなんて事はないのですから・・・あまりそのような価値観には興味がありません。写真っていうカテゴリーは同じなのにね・・・
フィルムとデジタル・・・加工ありと加工なし・・・何でもありな時代だからこそ、感性を大切にしたいですね!
Commented by マルコビッチ at 2011-06-13 07:30 x
さすがに古座川はホタルの宝庫なんでしょうか。
きれいですねえ~
私はホタル撮影はトラウマになりつつあり、
今年こそ!と起死回生を狙って出かけるんですが、
果たして今年もどうなることやら・・・
たくさん素敵なホタル写真見せて下さいませ~
Commented by at 2011-06-13 22:47 x
自転車乗りさん、ほんとうは、もっと優雅に飛んでいるんですよ。
川を流れる水音だけが、響いていました。
以前、増水したときはワタシも橋の上に行って撮りました^^;
Commented by at 2011-06-13 22:56 x
masaさん、いつもありがとうございます。
サイトを開くとき、どんな作品が出てくるのかドキドキです。
それほど、ワタシにとっては魅力に感じます。
それは、自分には無いものを発見できるからでしょうね。
これからも、よろしくお願いします。
「ありえない」のは、ワタシ自身の中での思いです。
大型フイルムカメラ、使ってみたいですね。
Commented by at 2011-06-13 23:01 x
RKさん、ワタシの最近の狙いは、何気ない日常を撮ることです。
カメラを通して見たものは、時にはホンモノよりも素敵に写ったりしますね。
やはり写真は、撮る人の心が写るのでしょうね。
ワタシのBlogに来てくださる方の中には、写真撮らない方も多いので、
純粋なコメントも楽しみです。
Commented by at 2011-06-13 23:06 x
ronさん、そうですね、ホタルの場合は特殊ですからね。
さまざまな条件が揃えば、1枚でも美しいんですが、
重ねることにより、より表現していることもあります。
それぞれの、感性によって作品はできあがりますからね。
Commented by at 2011-06-13 23:11 x
mikumanoさん、どうも~!お久しぶりですね^^
デジタル時代だからこそ、さまざまな表現方法があってもいいんですね。
作品は、作者の感性に任せられているということ。
思いは、みんな違ってあたりまえなんですね。
まだまだ、自然に撮らせてもらっているワタシです。
Commented by at 2011-06-13 23:14 x
マルコビッチさん、いつも楽しみにしております。
古座川は、昨年に続いて大発生してくれたのでよかったです。
ワタシも最初撮った時は、何も写ってませんでしたーー;
今でも、苦手ですね。
そちらにも、飛んでますよね。ぜひ挑戦を。
Commented by Rio at 2011-06-13 23:51 x
海さん、こんばんは。
ホタル、まさに乱舞といった状況ですね。
ちなみに重ねる、というのは多重露光、
みたいなことでしょうか?
私も海さんと同様、デジタルならでは色んな表現はあり、
それはありえん、というのはなし、といった感じです。
とはいえ、実際にはそこまでの造り込み、というよりも
作品撮りが出来ていない現状、
ひと様の写真を見ては感心のため息を漏らすばかりです^^
Commented by sky-blue-feel at 2011-06-14 00:03
Rioさん、今年もかなりの数が乱舞してくれました。
デジタルは、どんどん進化しています。
多重はできないので、画像処理でコピペをしています。
自分の中で、これ以上はダメだ、、というのがあります。
自然を大切にしたい思いがあるからです。
ワタシもまだまだです。すごい人はたくさんいますね。